2012年12月12日

橋下さんはなんで人気があるんだ?

実家の父が維新の会橋下代表を支持している。「橋下の言っとることは間違っとらん」「橋下は正しいこと言うとる」と言うのだ。父のことを、「わかってないね〜、これだから年寄りは…」とバカにするのは容易い。橋下代表の応援演説に詰め掛ける人、橋下さ〜ん、頑張って〜と声援を送る人、言いにくいことをはっきり言うので好感がもてるという高校生、これらの人を愚かだと言い切ることができるだろうか。実は私は橋下代表に好感こそ持っていないが、関心があり目が離せない。テレビで政策を語る橋下さんを見ていると、「この人なら何かしてくれそうだ」と思ってしまう。多くの人が橋下さんを支持するのはそれほど不思議ではない。小泉元首相は国民に絶大な人気があった。言い切り、決め付け、変人ぶり、過激さ、これらは一般人であれば嫌われる要因であるが、政治家であれば「頼もしい」となる。橋下さんだっていっしょではないか。私は公務員が大嫌いなので「公務員は身分だ」と言い切り、同一労働同一賃金を掲げる橋下さんには「賛成!!」と、1票投じたいくらいだ。維新の会への批判は多いが、なぜ多くの人が橋下さんになびくのか、なぜ多くの人がハーメルンの笛吹きについて行った子どもたちのように橋下さんについて行こうとするのか真剣に考えたことがあるのだろうか。ヒトラーに例えるのは妥当ではないかもしれないが、ヒトラーだってドイツ国民に熱狂的に支持されたのだ。父に話を戻すが、父は生活保護費が3.7兆円と知り、恐れおののいていた。「なんちゅうでかいとの金使とるがや」と言う。多くの人が同じ意見であろうと思う。だが、3.7兆という金額が多いのか少ないのかわかる国民がどれだけいるのだろうか?日本のGDP550兆円。なんちゅうどえらい金額や!!とかなるのだろうか?私は全然わからないな。兆なんて金額当たり前だけど普通の家庭や会社じゃ出てこないもの。国家予算だから兆が出てくるわけで。そいで、3.7兆円てのは、国民が眼を剥くような金額なんだろうか。報道の恣意性を疑うな〜。最貧困層の人たちがいるから悪いみたいなかんじじゃないか?国民の不満の捌け口にしようとしてないか?一方で橋下さんは小手先の貧困対策でお茶を濁して、既得権益を有する人を攻撃することで人気を得ている。なんか不吉だぞ。
posted by ゴブリン at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小人閑居して落ち着かず

失業中である。車検だ実務研修だ、お歳暮だなんだと金が出て行く一方である。失業している場合ではなく、仕事の選り好みなしで直ちに働かなければならないのに腰が重い。本当なら職がある11月中に次の仕事を探さねばならなかった。(ヒマな仕事だったので探す時間はいくらでもあった。)来月入ったらちゃんと探そう…と思ってるうちにもう今月に入り10日以上が経ってしまった。再就職手当てをもらいながら9ヶ月で仕事を辞めてしまった手前、ハローワークは行きづらい。いちおう退職理由は自己都合だが、正確には違うように思う。説明したら特定理由とかになりそうな気もしないではないが、やはり気が進まない。土日祭日休み、9時5時勤務中心となればマックぐらいしかないな。最初からマックでいいって思っていたのに、少しでも金が欲しいばかりに拘束時間の長いものに目がいったりしてなかなか決められない。毎日がヒマなのに時間がない、あっという間に時間が経ってしまうという感覚で、精神上よくない。なんといっても金が出て行く一方で入ってこないというのは強いストレスである。ヒマに飽かせて簿記や年金アドバイザーの勉強もしているが、そう何時間もやっていられるもんじゃない。時間やお金をふんだんに与えられて能力を発揮するというのは自分には無理なようだ。時間に追われ汲汲として、周囲の人間に当り散らしながら、それでもスキマ時間を利用したり、なんとかまとまった時間を捻出してがんばるというのが性に合っているらしい。貧乏性というほかないが仕方がない。来週マックの面接行くからね!!
posted by ゴブリン at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

受かったよ〜

受かった!!信じれんけど受かってた!落ちてる可能性も否定できないだけに、官報で自分の受験番号を見つけたときはほんとに安堵した。大事なことなのに官報に掲載されることも知らず、試験センターのホームページを見て、まだ出てないないなぁと訝しく思った。仕方なく図書館へ行って、官報が見たいと言ったら、インターネットでないと見られないと言う。せっかく来たのだしと思い、ネット版官報を見た。スマホですんだハナシであった…
人によっては一発合格もありえる資格だが、他人はともかく私が社労士に受かるってのはどういうこっちゃ!3回目で済んでよかったよ。なぜって、4回目も5回目もダメな可能性高いからさ。しかし、思うに人間制限があったほうが何事も成し遂げる率が高いと、つくづく思った。初めての子育てと始めてのケアマネ業でいっぱいいっぱいの今年は、スキマ時間をかき集め、ない時間を捻出して勉強したのだ。ドヒマな去年、一昨年はブログだ、ファイナンシャル・プランナーだと浮かれていてちっとも勉強していなかったのだ。ボランティアでも始めるか…もっと難しい試験に受かるかもしらんぞ…ってそんなはずあるか!!
posted by ゴブリン at 16:14| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

宙ぶらりんの落ち着かない気分

試験の結果を待っている間というのは落ち着かない。解答速報と各予備校の合格ラインの予想で合格はわかっているのだが、マークシートへの記入ミスも考えられるので不合格という事態も覚悟しとかなけりゃいけない。合格発表は11月10日である。無駄に過ごさないよう年金アドバイザー3級の試験勉強もしているし、関連書籍も読んでいるのだが、試験勉強をしていたときに比べると当然緊張感は薄い。勉強時間も比較にならないくらい少ない。こんなことしていていいのか…と不安になる。試験までは、終ったらあれもしよう、これもしようと楽しみにしていたのだが、いざ試験が終ってみると時間はそれほどあるわけではない。時間というのは意識して作り出すものであるということが試験勉強を通してよーくわかった。合格はスタートにすぎないとわかっているのだが、糸の切れたたこのような状態になってしまっている。漠然としたあせりばかりを感じている。
posted by ゴブリン at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

今年こそは勉強しましたよ!!

先週の日曜日ようやく社会保険労務士の試験が終った。いっしょうけんめい勉強した人の気持ちが少しばかりわかった。試験の数日前から食欲がなく、イラついたり落ち込んだりしていた。試験の結果は、まだ知りたくないというか知るのが怖い。勉強するってこういうことなんだと実感した。生まれてこのかた勉強らしき勉強をしたことのない私は落ちる恐怖を味わったことがなかった。社労士試験は今年3回目だが、明らかに1、2回目とは気持ちが違う。勉強量がまず違う。勉強量が違うと意気込みや緊張感も違ってくる。逆かもしれないが私はそうだ。ここまでいっしょうけんめいやって、それでも落ちるというのは悔しいというより無念だ。実力が及ばなかったことはわかっているが、それでもなかなか起き上がれそうにない。今は本業のケアマネ業務のため、介護保険をいっしょうけんめい勉強している。社労士の勉強をしていて思ったのは、私は介護保険のこともよくわかっていないということだった。介護保険のことなら誰にも負けないと言えるほど極めたいと思うし、社労士試験の内容は介護保険の理解に大いに役立つ。一番苦手としていた年金も、他のケアマネや利用者からの相談にのれるくらいに詳しくなりたいと思う。毎日勉強する習慣がついていたので、試験翌日の月曜日以降落ち着かない。やるべきことをやっていないかんじがする。試験が終ると開放感に浸れるだろうと思ったがそうではなかった。ほんの数時間だけのことだった。子どもが巣立った後の人、介護や看病に追われていた人がその仕事から解放されたとき、喪失感や手持ち無沙汰を感じる気持ちがよくわかった。来年の社労士試験のためにも、年金アドバイザー3級試験を受けてみようと思う。講義とかは一度も受けたことはないのだが、今回短期で3万と高くはないので、TACの講座を受けてみようと思う。何かしていないと落ち着かないというのが正直なところである。凹むのはまだしばらく後でいいや…
posted by ゴブリン at 13:24| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。