2012年12月20日

これじゃ雇用がふるわないわけだよ

先月末で仕事をやめ今家にいる。子どもは生活をあまり変えないほうがいいだろうと思い、今までどおり8時半までに保育所に連れて行き、夕方5時半頃迎えに行っていた。が、保育所とは「保育に欠ける子ども」を預かるところであるため、園長より、朝は8時半から(しかし給食の都合により9時を過ぎてはいけない)夕方は4時までしか預かれないと言われた。仕方がないので、9時と4時に保育所に行くと、駐車所がすごく混んでてびっくりした。玄関やホールで数人の保護者たち(お母さんたち)がいつもおしゃべりしているのにも驚いた。勤務証明が必要なので「一応」働いてはいると思うのだが、4〜5時間のパートかアルバイトなのだろうか。8時前に子どもを預けにくる(または6時以降に迎えに来る)母親たちとはまったく違ったかんじで、のんびりというか、ヒマそうに見える。どうも大半の親はパートタイマーなどの仕事みたいだ。子どもが小さくて、見てくれるおばあちゃんなどもいなければ、今の保育所の体制では、正規雇用は難しいだろう。でも子どもが小さいうちは時短や非正規で、大きくなったら正規のフルタイムに戻るなんて、今の日本の会社じゃあり得ない。ずーっとパートやるしかないだろう。でもだんながそれなりに稼いでいた右肩上がりの時代ならまだしも、だんなの稼ぎもこころもとないのに妻もパートなんて。年金額の多い親世代の支援があるのだろうか。若いお母さんたちが多いが、彼女たちは10年、20年後どんな仕事をしているのだろう。しかし、4時ってあっというまだな。
posted by ゴブリン at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。