2012年12月12日

橋下さんはなんで人気があるんだ?

実家の父が維新の会橋下代表を支持している。「橋下の言っとることは間違っとらん」「橋下は正しいこと言うとる」と言うのだ。父のことを、「わかってないね〜、これだから年寄りは…」とバカにするのは容易い。橋下代表の応援演説に詰め掛ける人、橋下さ〜ん、頑張って〜と声援を送る人、言いにくいことをはっきり言うので好感がもてるという高校生、これらの人を愚かだと言い切ることができるだろうか。実は私は橋下代表に好感こそ持っていないが、関心があり目が離せない。テレビで政策を語る橋下さんを見ていると、「この人なら何かしてくれそうだ」と思ってしまう。多くの人が橋下さんを支持するのはそれほど不思議ではない。小泉元首相は国民に絶大な人気があった。言い切り、決め付け、変人ぶり、過激さ、これらは一般人であれば嫌われる要因であるが、政治家であれば「頼もしい」となる。橋下さんだっていっしょではないか。私は公務員が大嫌いなので「公務員は身分だ」と言い切り、同一労働同一賃金を掲げる橋下さんには「賛成!!」と、1票投じたいくらいだ。維新の会への批判は多いが、なぜ多くの人が橋下さんになびくのか、なぜ多くの人がハーメルンの笛吹きについて行った子どもたちのように橋下さんについて行こうとするのか真剣に考えたことがあるのだろうか。ヒトラーに例えるのは妥当ではないかもしれないが、ヒトラーだってドイツ国民に熱狂的に支持されたのだ。父に話を戻すが、父は生活保護費が3.7兆円と知り、恐れおののいていた。「なんちゅうでかいとの金使とるがや」と言う。多くの人が同じ意見であろうと思う。だが、3.7兆という金額が多いのか少ないのかわかる国民がどれだけいるのだろうか?日本のGDP550兆円。なんちゅうどえらい金額や!!とかなるのだろうか?私は全然わからないな。兆なんて金額当たり前だけど普通の家庭や会社じゃ出てこないもの。国家予算だから兆が出てくるわけで。そいで、3.7兆円てのは、国民が眼を剥くような金額なんだろうか。報道の恣意性を疑うな〜。最貧困層の人たちがいるから悪いみたいなかんじじゃないか?国民の不満の捌け口にしようとしてないか?一方で橋下さんは小手先の貧困対策でお茶を濁して、既得権益を有する人を攻撃することで人気を得ている。なんか不吉だぞ。
posted by ゴブリン at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。