2012年02月28日

仕事と子育て、どっちも大事

保育所でもらってきた「はっぴーママ」というフリーペーパーに、仕事と子育てを両立させているワーキングママが紹介されていた。学習塾の個別指導をしている人で、仕事の時間帯が午後3時頃から夜の9時過ぎなので、夜間保育所に子どもを預けている。こどもはまだ1歳になってないようです。ある日のスケジュールは、21時半に退社・お迎え、22時入浴・夕食準備、22時半寝かしつけ・夕食、23時半就寝となっていました。仕事の都合上仕方のないことだし、夜に強い人なのだと思うが、バリバリ朝型で、8時に寝て3時前に起きる私には「信じられない」という生活パターンでした。(私の場合、子どもが早くに寝て、早くに起きるためこうしているのだが)正直なところ、子どもを夜間保育所に預けてまでしなきゃならない仕事って…と思わないでもないです。でもこれって、たまたま自分の場合、子どものために仕事を辞めることができたし、辞めてもいいと思える仕事だっただけで、人にはそれぞれ事情があるし、その人なりの仕事に対する思いというものがあるわけです。そういったことを考えないで、夜間保育=子どもがかわいそう、そこまでしてやる仕事?などと、正義ぶって親を批判するのは、簡単ではあるけれど、それこそエゴかもしれないです。実は数年前、臨時保育士として働いていた保育所は、夜間保育もやってました。昼と夜は完全に分かれていたので、詳しいことはよく知りませんでしたが、内心ではこどもがかわいそうだと思っていました。でもサービス業に従事する人は多いし、役所時間に仕事の終る人が買い物したり外食したりできるのは、そういう人がいるからなのです。それなのに、そういう人たちを、子どもを預けてまで夜仕事なんてかわいそうと言うのは、ほんと勝手なもんです。私はいまのところ無職でのんびりしているけれど、3月からは訪問介護と見習いケアマネ、4月からはフリーのケアマネとして働く予定なので、キレイごとは言っていられなくなるだろうと思う。だんなからは、「仕事始まったら、家のことやら、子どものことやら大変じゃない?仕事するようになっても、あんましイライラせんといて…」と言われています。ご飯の用意や後片付け、洗濯物を干してるとき、子どもがぐずってるときに、パン焼いてーとか、お茶淹れてーとか言わなければイライラすることもないんやけど…やっと子どもを寝かしつけた直後に、掃除機かけたり子どもの顔さわって遊んだりしなければ泣きたくなることもないんやけど…
posted by ゴブリン at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。