2011年07月16日

初泳ぎ

近くの白尾海岸で初泳ぎをしてきた。ほんの30分ほどであったが、往復1時間自転車をこいだおかげで、腕も脚もすっかり日に焼け、ヒリヒリしてかゆい。土曜日なので客はまあまあいた。あまり人気の浜ではなく、土日でもゆうゆうと泳げるのが気に入っている。波は少しあったが、海中が濁るほどではなく、クロールの息継ぎにもさしつかえない程度でちょうどよかった。途中のコンビニでガリガリくんを1個食べて休憩してから泳ぐのが習慣となっている。10年ほど前から夏のあいだはこの海岸で泳いでいる。保育の専門学校でクロールを習得したのがきっかけである。いつなんどきどのようにして覚えたのか知らないが、私は平泳ぎがわりと得意で、それで十分と思っていた。特に泳ぐのが好きというわけでもなく、たまに海水浴する程度だった。保育課程では、クロールと平泳ぎの両方ができないと単位がもらえなかったので、3日間の講習でなんとかクロールをマスターした。意外と難しくてなかなかコツがつかめず、講師からはさじを投げられていた。なので最後に泳げたときは本当に嬉しかった。せっかく覚えたクロールを忘れないようにしようと、最初は遠くの市営プールまで行っていたのだが、あまりの遠さにくたびれて、海に場所を移した。水は塩辛いし、波はあるし泳ぎにくいな〜と思ったのもつかの間、すぐに慣れた。あるとき久しぶりにプールへ行ってみた。さぞ泳ぎやすいだろうと期待していたが、違った。波はなく、水も塩辛くないのだが、全然泳ぎやすくなかった。水がやけに思いのだ。服着て泳いでるみたいに思いのだ。真水って重いんだな。それ以来プールには行っていない。海はいつも危険と隣り合わせで、常に自分の位置を確認していないといけない。沖のほうを見れば恐怖と孤独に襲われる。実は私はすごく怖がりで、足がしっかり底に着いていないとパニックになる。どんなに波が高くてもどんなに潮の流れが速くても足さえ底についていれば大丈夫なのだ。気を抜けば命を失う場所で、しっかりと自分の位置を確認しながら波に揺られて泳ぐのはほんとうに楽しい。
posted by ゴブリン at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。