2011年04月30日

じいちゃんは働き者である

小学生の頃、お手伝いといえば玄関掃除だった。お手伝い=玄関掃除と思い込んでいて、何の疑問も感じていなかったが、玄関掃除にはわけがあった。我家では、じいちゃんが朝早くに、自分たちの部屋から順々に箒で掃いていき、玄関に最終ゴミを落としていたのだ。その最後のところを子どもたちの仕事にしてあったのである。なるほど。じいちゃんが箒でシュッシュッと掃いている姿がなつかしい。じいちゃん=掃除する人であった。じいちゃんは働き者だったようだ。庭の花木の消毒も、背中に機械を担いでよくやっていた。柿やイチジクなどの果物も作っていた。特に葡萄をいっしょうけんんめい作っていたようだが、おいしい葡萄を作ることは素人には難しかったみたいだ。真っ黒で種のいっぱ〜い入った小粒のすごくすっぱい葡萄をよく食べた。長い間葡萄というのはすっぱくておいしくないものだとばっり思っていた。ある日お母さんがぶどう園に連れて行ってくれた。そこでだされた葡萄は形こそ我家で食べるものと変わりはないのだが、信じられないくらいおいしいのである。甘いのである。葡萄が甘くておいしいものだと初めて知ったわけである。目からウロコじゃないが、摩訶不思議な気分だった。今は種無しの葡萄が多く、それが主流のようだが、あの当時種無しはデラウエアだけだった。甘くておいしくはあるが、皮も薄く、食べ応えがないなあと思っていた。私にとって果物は、腹が減ったときにしかたなく食べるものであった。そして小さい頃から果物イコール甘いではなかったので、今でもフルーツはあまり好きではない。すっぱくないのはわかっていても、ケーキにのっていると、余計なもんのせてと思ってしまう。以上果物にまつわるじいちゃんの思い出でした。
posted by ゴブリン at 22:16| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。