2011年04月30日

イチジクにはカエルが入っている?

小学生の頃、じいちゃんは瀬戸裏で葡萄を作っていた。真っ黒で、種のいっぱいあるすっぱい葡萄であった。なので葡萄というのはすっぱいものだと思っていた。お母さんが近くのぶどう園に連れて行ってくれ、そこでデラウエアを食べたときには、たまげた。ぶどうって甘いんや!種ないんや!ってかんじだ。我が家では他にも、イチゴやイチジクなどを作っていた。イチゴは小さくて、じゃがいもみたいにでこぼこで、白いところと赤いところがまだらで、すっぱかった、なのでイチゴは砂糖をかけて食べるものだと思っていた。スーパーで売っている細長い赤い(女峰か?)イチゴを初めて食べたときは、別の果物かと思った。砂糖かけんでも甘い!ってかんじだ。私は今でも細長いあの形はニセモノのようにかんじる。イチジクは2階の窓から眺めたところ、甘くておいしそうに見えた。だが、お父さんから「パカーンと割れたとこからカエル入っとる」と脅され、イチジクはカエルが中に入っているので食べられないのだと本気で思っていた。後でわかったことは、イチジクはやはり、見た目どおり一番甘かったのである。私の実家は兼業農家で、米の他野菜や果物も作っていたので、店で買うということがあまりなかった。小学3年の頃、理科の実験で使うため、イチゴなどの空きパックをもってくるよう先生に言われた。家に帰ってお母さんに伝えるが、そんなもん家にない、とにべもない。先生にそのとおり言うが、持ってこなかったと言って怒るばかりである。お母さんに、先生に怒られた〜と訴えるが、ないもんを持って来いと言う先生が悪いと、取り合ってくれない。当時はお母さんを恨んだが、今考えたら悪いのはやはり先生だ。でも私は担任のその先生が好きだったので、お母さんが悪者に見えた。他にもお母さんが悪者に見えることが多々あった。子どもって見栄っ張りで自己中だからね。私はこどもがいなくて幸いだ。いたらどれほど悪者と思われていたか。
posted by ゴブリン at 22:08| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。