2011年04月30日

ばあちゃんゆずり

私は毎朝起きるとまず、ラジオをつける。NHK第一放送である。6時半のラジオ体操になると、音がやかましいので、一旦消す。そして終った頃またつける。第一だと確実にニュースが聞けるのと、CMがないのでうるさくないのと、音楽が好きなのとで、他の局に変えたことはない。いつ頃からか忘れたが、これが朝の習慣になっている。数年前に亡くなったばあちゃんも、朝は必ずラジオをつけて家事をしていた。ばあちゃんゆずりか?ばあちゃんは音量をかなり上げて聞いており、ラジオ体操がうるさくせわしなかった。私にとって、ラジオ体操は夏休みを象徴するものだったので、夏休みでもないのに、(夏でもなく)あの音楽が流れると落ち着かなかった。他にも私が今習慣としてやっていることや、なんとなくやっていることはばあちゃんゆずりのものが多い。時々昔の写真を眺めるのは、ばあちゃんもよくやっていた。あいそんなあなったら見るがやと言っていた。あいそんないとは、富山便で「つまらない」「おもしろくない」「さびしい」などが混ざった感情を意味する。私も同じである。なつかしいというよりも、日記を読み返すようなもので、そのときのことを思い出すと、なぜかがんばろうと思える。なんでももったいながってとって置いたり、度を越えた使い回しをするのも、ばあちゃんといっしょである。ばちゃんは、「やさしいおばあちゃん」というかんじではなく、田舎のきか〜んかんじのばあさんだった。生きているあいだは特に好きでも嫌いでもなく、ただ私のばあちゃんであった。あまり気が利くほうではなく、ややがさつで他人への配慮に欠けるところがあった。私といっしょである。ばあちゃんとのよき思い出というのはほとんどない。私が小学3年の頃、いっしょにマカロニグラタンを作ったことがる。365日のおかず百貨という本を見ながら、二人で悪戦苦闘していた。私もばあちゃんもグラタンなんてものは知らなかったのだから当然だ。すでに火が通ったものをさらに焦げ目をつけるため、オーブンに入れるということが理解できず、ホワイトソースで混ぜただけで済ませた。初めてで、焦げ目をつけていないグラタンではあったがおいしかった。これをよき思い出としておくか。
posted by ゴブリン at 21:45| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。