2011年03月30日

まずは後方支援

被災地では人手不足が続いているようだ。通常なら、社会福祉協議会や役所などが、ボランティアの受け入れをするのだが、今回の地震では、こういったところが被災しており、受け入れ態勢が全くできていないとのことだ。現在、現地の人が中心となってボランティアを行っている。遠隔地の人が被災地に入っても、どう動いてよいのかわからず、混乱を引き起こすからだ。今必要なのはとにかく専門技術を持った人である。医療はもちろん、ガス・電気の技術者、バスなど大型車両を運転できる人、各種機械の運転免許を持っている人などである。何かしたい、役に立ちたいと気がせいている人は多いだろうが、これだけ混乱している現在、きちんと情報を持って、すべて自己責任でできる人でないと、現地ではかえって足手まといとなってしまう惧れがある。通常のボランティアとは全く異なるということを覚悟しておかないといけない。まずは、後方支援をいっしょうけんめいやるということが必要ではないか。少しでもお金の援助をする。消極的に思えるかもしれないが、買いだめしない、いつもより少なめに日用品を買う、現地の食物を拒否しない、ガソリンをあまり使わないようにする等々。私が住む北陸でさえ、トイレットペーパーなどの紙類が品薄になっている。業者の話では、買いだめが原因ではないかということ。こういうことをしないのが、何よりも支援となる。自分ならどうしてほしいか、何を必要としているかを考えないといけない。
posted by ゴブリン at 19:45| Comment(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。