2011年02月17日

つけ麺は流行りものなのか?

つけ麺なるものが流行っているらしい。つけ麺を知らないわけではないが、今さら流行?とちょっと訝しく思う。私は富山の出身で、富山市の中心部には、つけめん大王という店があり、そこでよく食べていた。(今ではもうないのかもしれない)石川県に来て、つけ麺の店がないのがちと寂しい気はしたが、つけ麺に限らず、石川県人はラーメンにはあまりこだわりがないものとみえて、やみつきになるようなラーメンの店はない。ここ数年で、フツーのラーメン屋につけ麺というメニューをみかけるようになり、おやっ?とは思っていたのだ。前置きが長くなったが、今日の昼、竪町にあるフジヤマ55という店でつけ麺を食べたのだ。予想していたものとは(というか、自分が知っているやつ)違っていた。小さいつゆ用の器にタレが入っているのではない。大きめの器にけっこうな量のタレが入っており、各席に置いてある小さなIHヒーターでタレをあっためて(保温?)そこに冷たい太い麺をつけて食べるのである。タレは魚介のダシがきいていた。麺は硬めで、こしがある。ごはんと生卵が無料で、残ったタレにからめて備え付けの魚介スープでのばして雑炊にして食べるとおいしいとのこと。(張り紙にそのように書いてあった)私は魚介のダシがあまり好きではなく、それほどおいしいとは思えなかった。だが、もう一度トライしてみたい気がする。一度食べたらいまひとつでも、二度三度と食べるうちに好きになることもあるからだ。富山のいろはという店がけっこう流行っているらしく、かほくイオンの店で一度食べたのだが、これは正直もう一回食べたとは思えなかった。好みの違いなのか。元祖ブラックラーメンの大喜の味が忘れられないせいか、こんなんブラックラーメンと違う!と思ってしまうのだ。今でも時々無性に大喜のラーメンが食べたくなる。おいしいかといわれたら、そうでもない。とにかく塩辛い。特にメンマが。スープも塩辛いが、メンマがすごいので、薄く感じるほどだ。思い出の味、ふるさとの味なのだろう。ところで、油そばは流行らないのだろうか?つけ麺同様大好きなのだが、店がない。富山にあった店は開店してまもなくつぶれた。店の主人は「東京ではすごく人気あるんですけど…」と言っていた。たかがラーメン、されどラーメン。話が尽きない。また別の機会に書くこととする。
posted by ゴブリン at 21:03| Comment(0) | おいしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。