2010年12月29日

「無縁死」は怖いことかなぁ

読みかけて放ってあった『無縁社会』をなにげなく手にとってまた読み始めた。暮れも押し迫ったこの時期に無縁社会なんぞ読まなくともいいのに、読み始めたら止まらなくなってしまった。今年1月NHKスペシャルでやってた「無縁社会〜“無縁死”3万2千人の衝撃」の取材記録である。ひとり孤独に亡くなり引き取り手もない死を「無縁死」というそうで、年間3万2千人にものぼるらしい。NHKの取材班は無縁死となった人の過去を執拗に追跡している。ほんの少しのてがかりを基に粘り強く調べあげ、故人の生涯を見せてくれる。どの人もごく普通の人たちばかりであった。なぜこの人が無縁死に?という人ばかりである。人生における躓きはあるものの、それをきっかけにすっかり世間に背を向けてしまっている人が多い。失敗は許されないとばかりに…無縁死といっても、天涯孤独である人は皆無に等しく、親類縁者はいるが、遺体の引き取りや、埋葬を拒否されているのだ。もう何十年も会っていない、今さら死んだといわれても…そっちで処分してくれ、というかんじらしい。薄れる家族の絆、単身化の時代、社縁が切れた後に、おひとりさまの女性たち、若い世代に広がる無縁死の恐怖など、各章のタイトルを読んだだけで気分が沈む。自分自身を振り返ってみると、ひとごととは思えない。私が実家に帰るのは盆暮れの2回ぐらいだ。すぐ隣の県なので行こうと思えば月に1度ぐらいは行けるのだ。なのに、行かない。行きたくないというわけではない。なんか日々の生活で手一杯で、行こうという気にならないのだ。だが、日々の生活ってなんだろう?手一杯って、いったい何で手一杯だというのだろう?仕事はたしかに大変だ。だが毎日残業というわけでもない。家事やその他のことも特に忙しいわけではない。こう考えると、どうやら私は実家に帰るのが煩わしく、面倒くさいようだ。自分のことだけ考えているのが、居心地よくラクなのだ。最近の人は結婚してもよく実家に帰ってるそうだが、それは実家が近く、ごはんを食べさせてもらったり、食材やなにやかやを調達できて便利で、なおかつラクチンだからではないかと思う。実家にほとんど帰らないひとり暮らしの人が増えていることと、一見対極にあるようにみえるが、依存の延長のように思える。実家に帰るメリットがなくなったときが、実家に背を向けるときなのではないか。年末年始の買い物客でごった返している近所の激安スーパーで、おおぜいの家族連れを目にして、なんだかさめた気分になった。
posted by ゴブリン at 22:25| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。