2010年11月03日

異動先は北朝鮮だった…

昨日も一日北朝鮮へ行ってまいりました。フーッ。なんか勤務日記になってしまいそうだこのブログ。休憩時間同じ職場から異動になった人がいたので嬉しくって、隣に座って「疲れたね〜」とか話しかけたら、メモ紙に『後の二人要注意』と書いて渡された。ここでしゃべったことは皆部長に密告られるんだろうな…そして粛清されるのだろう。12畳ほどの部屋に長机が並んでいて皆同じ方を向いて食べているのだが、誰もが無言で、通夜でもこんな重ッ苦しい雰囲気にはならないだろうと思う。鈍さでは人様に引けを取らないこの私でも昨日今日と食欲がない。食べ終わったら正面を向いたままお茶など飲んで出て行くのであるが、他に居場所もなく仕事場に戻って業務に入るだけである。昨日部長に注意された髪型はワックスをつけてなでつけたら「それでいいのよ。昨日のがおかしいってわかったでしょ」となんとOKがでてしまった。だが受け答えがなってなかったんだな。「短く切るつもりです」「昨日は自分なりに整えたつもりではあったんですが…」と答えたら即指導男に呼ばれてヤキを入れられた。「今のなんや?部長がいいって言っとるんならそれでいいんや。切るとかそんなことは言わんでいい」「自分なりにってなんやそれ?あんたが言うことは「はい。以後気をつけます」それだけや」この男朝一に私の髪を見て「う〜ん。なんていうか、あ〜、どうかな。部長がなんて言うかな。俺的にはいいかもしれんけど…」部長の意向がわからないのでやけに歯切れが悪いのだ。他のことも同様である。指示が明確であればいいのだが、ほんの少しでも不正確さがあると途端に鈍る。ここではいろんな業務について恐ろしいほど詳細にルールが決められている。だがそれでいいのだと思う。細かい膨大なルールは一から覚える者にとってはそうとうな負担であるが、全てを把握した者にとってはライン製造のようなもので、余計なことを考えなくてよい。この点に関してはルールが無きに等しい前の職場(ユニット型特養)よりはよっぽどよい。ある程度のルールを決め、あとは各自の裁量でというのは高度なレベルである。単なる無法地帯と化しているのが前の職場であった。ここではハードルはかなり低めに設定してあるが、その分なにがなんでもそのハードルまでは行ってもらうというかんじだ。1〜2ヶ月経ってもそのハードルに届かないものは粛清だ。
posted by ゴブリン at 08:13| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。