2010年09月09日

若いねえちゃんかと思いきや…

すっかり秋である。台風のせいか日中も涼しく過ごしやすい。ひどい猛暑ではあったけど、それでも夏の終わりはなんとなく淋しい。今年の夏は思いがけない人に再会し、懐かしくも複雑な思いである。別れた元カレとかではない、念のため。お盆に母の実家であるばあちゃんちに行き、意外な人と再会した。ばあちゃんちはちょっと複雑な事情があり、現在ばあちゃんと孫であるのり君(出戻りの20代後半男)の二人暮らしである。ばあちゃんは80半ばで耳が遠い。長い間すごく元気で、自転車にのって畑に出たり、家事なんかもフツーにこなしていたが、じいちゃんが数年前に亡くなってからはだんだん弱ってきている。ごはんの支度もひどいのではないか、心配はしていた。訪問した当日、のり君が庭でバーベキューをするとかで、友だちが手伝いに来ていた。キッチンでは若い女の子が食事の準備をしていた。私はその子になんか見覚えがあった。高校のとき同じ部活にいた子とよく似ているのだ。だがあり得ない、そんなはずない。似ている人っているもんなんだなと自分に言いきかせた。しかし、やはり気になり、チラチラとその子を見ていた。ばあちゃんに聞くと、よくごはんの用意をしにきてくれるとのこと。のり君の彼女らしい。買い物から戻ってきたのり君に聞くと、「いや〜世話人ていうか…」つまり彼女だろ?とつっこもうと思った矢先、のり君が「ちえさん」と呼ぶではないか!!ちえならやっぱりあのちえではないか!!私が姓は?と勢い込んで聞くと、キッチンからちえが飛んできて、二人して「あああああああああーーーーっっっ」「なんでここにおるん?」「ここで何しとるん?」と大騒ぎである。ちえにしてみれば彼氏の家になんで私がいるのか!?だし私にしてみればなんでばあちゃんちに10年以上も会ってない同じ部活だったちえがいるのか!?だ。しかも同じ年齢なのに、若いおねえちゃんと勘違いしてしまった!(39歳ないしは40歳である!)だがちえは若かった…のり君が惹かれるのも無理ないかも、とも思った。しかし、まさかばあちゃんちでこんなびっくりさせられるなんて思ってもみなかったよ。私にとってこの夏最大、いや、今年最大のびっくりニュースである。
posted by ゴブリン at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。