2010年03月15日

曽野綾子Twitterをボロクソにこきおろす

北國新聞に毎週日曜日掲載されている作家曽野綾子氏の透明な歳月の光が毎度毎度パンチが効いていて面白い。昨日はTwitterをボロクソにこき下ろしており痛快だった。私はユニット型の特養に勤務しているが、そこの利用者さんからも「あんたツイッターって知っとる?」と聞かれた。「今すごい話題になっとって、テレビでも言うとった」とのこと。有名人は皆Twitterをしているらしい。無名人もだろう。そしてほとんどが出会い系、エロサイトみたいなことになっているだろうことは想像に難くない。曽野綾子はブログに対しても批判的だが、Twitterに対しては、ブログさえ書く時間やその能力のないものが、文章になっていないものを垂れ流している、と容赦ない。現役の大臣がTwitterで会議に遅れたことに対しても、大臣たるもの軽率にそんなものに手を出すとはけしからんと戒めている。しかし、Twitterやってましたと堂々と言うところが間抜けだ。   嘘でも「資料をつい読み込んでおりまして」とかではないのだ。今話題のTwitterやってたんだから、ってことか?ちゃんと地面に足を着けて歩いてください。
タグ:twitter
posted by ゴブリン at 08:41| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。