2011年11月16日

子どもがもっている大人にはない能力

この間、2歳半くらいの子と公園に行った。わが家に養子として迎える予定の女の子である。現在市内の乳児院で養育されている。私はどんぐりを一緒に拾おうとか、紅葉した楓のはっぱを見せてあげようなど、いろいろ「経験させてあげる」ことを考えていた。私自身その乳児院で保育士として働いていた経験があり、施設の子が圧倒的な経験不足であることを知っていたからだ。まずは、お店デビューだ、とばかりにミスタードーナツへ連れて行った。緊張した面持ちで、ストローを珍しそうに触っていた。ストローでミルクを飲むことはできず、コップに移し変えてあげた。隣の席に、同じような年頃の男の子がいて、その子のリラックスぶりと対照的だった。だんなは、こういうとこ慣れてないんやな、これからもっと連れてきてやらんとな、と言っていたが、私はその考えにちょっと疑問を感じた。3歳にもならない小さな子がレストランなどで、無邪気にはしゃげるのがそんなにいいことだろうか?乳児院に勤務していた頃も、職員間では、おうちの子はもっと遅くまで起きているだの、もっと市販のお菓子を食べている、だから施設でも規制を緩めるべきだ、いや、それはよくないなど、議論はされていた。子どもの成長に必要なことは家庭であっても施設であっても同じだと思うが、「施設=悪い、家庭=良い」という単純な図式がまかり通っているように思う。施設における問題は、今やそのまま家庭における問題となっている、と思う。例えば施設では、どうしても人手が足りず、世話が行き届かない。愛情不足はいたしかたがない。だが、これは家庭であっても同じではないか。物質的に恵まれても(この点、今は施設でもそれほど欠乏していない)精神的に孤独な子どもは多いと思う。施設=かわいそう論は根強いが、そうではないのだと言いたい。今回書こうと思っていたのは、このことじゃないのに、導入部分で長くなってしまった。
公園でのことである。どんぐりを拾って、どんぐりだよって見せると受け取るのだが、落ち葉など他のものを見せると、もっていたどんぐりをポイって放ってしまうのだ。長い間保育士の仕事から遠ざかっていたので、忘れきっていたが、この月齢だと、まだ両方受け取ることができないのだ。3歳を過ぎると、もう一方の手で受け取ったり、ポケットに入れたり、他の人に「これもってて」ってお願いしたりするのだが。自分では持ちきれないのに、いくらでも欲しがるのが人間である。だが、生まれついてのものではないのだ。成長することで得る能力なのだ。能力があることが必ずしもいいとはいえないよい例である。新しいものを得たら、持っていたものを躊躇なく捨てられるなんて、これはすばらしい。子どものもつ能力と大人の持つ能力は違うものらしい。
posted by ゴブリン at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。