2011年03月31日

地震が起きたらまずどうするか?

きょう本屋で、子供向けの地震の本を読んでいて、ほとんど質問に答えられなかった。電車に乗っているときに地震が起きたらどうすればよいか?3択のなかの、出口に向かって走るを選んだら、間違っていた。手すりにしっかりつかまるが正解だった。エスカレーターに乗ってるときも同じらしい。急に止まったときに、倒れるのを防ぐためだ。デパートなどでは、壁伝いに歩かないといけないらしい。おおぜいの人が一斉に同じ方向に殺到するため、人の波に呑み込まれ、転倒などしたら踏みつけられる危険大なので、通路の真ん中は避けねばならないとのこと。それに、壁伝いに歩けば必ず出口があるからだ。エレベーターにのってるときは、全ての階を押して、止まった階で降りる。なるほど。今現在どの階にいるのかとっさにわからないし、止まらない階もあるからね。私は1階を押しそうだ。だめだ、全然なってない。トイレは倒れてくるものがないので、比較的安全なので、トイレに入っていたら、とりあえず中から様子を伺うというのがいいようだ。危機管理と簡単に言うけれど、これほどできないことはない。自然災害だけでなく、なんでもそうだ。自分だけ大丈夫症候群なんだろうか…
posted by ゴブリン at 21:35| Comment(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震が起きたときはこうしないと助からない!!

masaさんのブログで地震に関する貴重な記事をみつけたので紹介します。


(ここから)
私は、アメリカ国際レスキュー隊の隊長で災害担当責任者のダグ・コップです。アメリカ・レスキュー隊は、世界で最も多くの経験を積んだ救助隊です。

私は60カ国で組織されている国際レスキュー隊のメンバーと共に、1985年以降ほとんどの主だった災害の救助活動にあたり、875もの崩壊したビルに入りました。

私が初めて救助活動にあたったのは、1985年のメキシコ大地震のとき、メキシコシティーの小学校でした。子供たちは皆、机の下敷きになっていました。この子供たちが、もし、机と机の間の通路にいたなら助かっていただろうにと思うと、私は本当にいたたまれませんでした。

ビルが崩壊して、天井が落っこちてきたときは、テーブルや家具などを押しつぶし、その隣には空間ができますが、その下に空間ができることはありません。絶対にテーブルや机の下に入らないでください。家具が大きかったり、強度があればその横に空間ができるのです。

この空間こそが「命の三角形」です。そして、この空間に入り込めば助かる可能性が高くなります。実際崩壊したビルにはこの「命の三角形」がたくさんあります。地震のときは以下の注意を守ってください。

・ほとんどの人は、地震のとき、四つんばいになったりして机やテーブルの下にもぐりこむが、これでは崩落したときには助からない。地震の際すぐに外に出ることができなかったら、近くにある大きくて強固な家具(机、テーブル、ソファ、ベッドなど)の横で、胎児のように丸く、なるべく小さくなってうずくまること。この体勢をとると命の三角形の中で助かりやすい。

・夜、ベッドで寝ているときに地震が起こったらベッドから下りて、ベッドの横で、胎児の体勢をとること。ベッドの横は、命の三角形ができやすい場所である。全てのホテルのドアに、このことを明記したなら地震の際のホテルでの生存者が飛躍的に増えるだろう。

・地震のときは、ドアから離れること。ドアのそばにいる人は、助からない場合が多い。

・なるべく、建物の中心から遠ざかること。外壁に近いほど、助かりやすい。

・車に乗っているときは、崩落した道路や落下物の下敷きになることがあるので車からは直ちに降りて命の三角形ができる車の横で座るか横になること。
・木造家屋が実はいちばん安全。木は地震で動いたり、しなったりするので崩壊しても大きな空間を作りやすいし重さが分散される。
(以上、ここまで転載)


全然知らんかった!!テーブルとかベッドの下にもぐればいいとばかり思ってた!!木造は崩れるし危なくて、鉄骨や鉄筋コンクリートは丈夫でいいとばかり思ってた。ダイワハウスなんかは阪神淡路大震災のあと、そうとう売れたらしいよ。住宅展示場へ行ったとき、営業の人言ってたもん。うちのは地震に強いですよ〜って。鉄骨造りの建物が崩れるような想定外の大地震が起きたら余計危ないのか…
posted by ゴブリン at 11:06| Comment(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。