2011年01月13日

消費が低迷するのも無理ないよ

消費低迷といわれて久しいが、きょう武蔵・香林坊に出掛けてみて、なるほどと思った。エムザと大和、二つのデパートを見て、ああ、日本は今こんな状況なのかと思った。まったくワクワクしないのだ。見ていて楽しいという気分にならない。欲しいという気にならない。商品に魅力がないのだろうか?それもある。だがそれだけだろうか?デパートがつまらなく、イオンやサティなどSCが面白いかというと、そうではない。どっちも見飽きた我家の家具のようなのだ。小さなころは大和などデパートといえば、すっごくワクワクドキドキする場所だったのに…大和には思いいれもあったのだが、夢から醒めた気分だ。実際の商品を見るよりも、カタログを眺めているほうが楽しいし、ネットショッピングだってつまらないお店に出向くよりよっぽど楽しい。個人の小さなお店には魅力的なものも多い。今後そういうお店を開拓していかないといけないのかも。街を歩くと空き店舗が目立つ。すぐに撤退していくお店も多い。家の近くにできたイオンもいずれ撤退していくんだろうな。本屋以外の利用はほとんどないのでいいのだが、街がゴーストタウンになるのは嫌だな。跡地には巨大老人ホームなんてどうだろう?デイもグループホームもなんでも入るぞ、あのでかさは。低所得者向けの集合住宅に改造するのも悪くない案じゃないか?イオンの福祉事業みてみたいな。とりあえず今は大きな本屋が入っててありがたい。10年ぐらいはいてほしい。
posted by ゴブリン at 17:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。