2011年01月31日

雪かきはよい運動になる。今のところ…

ついこの間、10年以上前の大雪のことを「大変だったね〜すごかったね〜」などとなつかしく振り返っていたら、同じくらい大雪になってきた。昨日の朝10時頃、夜勤明けで帰ってきて、昼寝をして、夕飯を食べて、ちょっと外を見ると、他所の国にでも来たのかと思うくらい雪が積もっていた。車はすっかり雪に埋まっていた。スコップも雪下ろし棒も車の中である。救出せねば!と思い、車に突進した。雪はふんわり軽く、サラサラで、ダイブしたくなるような感触だった。屋根の雪下ろしで亡くなった人は、おそらく窒息死であろう。なんとか駐車場からでられるくらいに雪かきをした。フーッ!ほどよく疲れ、布団乾燥機であっためたお布団にもぐりこんでぐっすり眠った。次の日の朝、午前中いっぱい家の中で過ごし、外を見ると、他所の惑星に来たかのように雪が積もっていた……何かの間違いかと思った。急いで駐車場に向かうと、昨日の雪かきをする前の状態と全く変わっていなかった。狐につままれたような気がした。昔ロシアでは、意味のない作業をさせる懲役があったと聞いたことがあるが、昨日の雪かきもそんなかんじだ。見て見ぬフリをしようかと思ったが、近所の奥さんに、「車出すの大変だ〜」と声を掛けられ、見ぬフリができなくなった。仕方なく、雪かきを始めた。不思議なことに、やりだすと、ある程度の目途がつくまでやめられない。結局やりとげた。放火したらあっというまに雪がとけるのではないかと思ったが、これをやりとげるわけにはいかん。やはりやりとげるなら雪かきだ。雪かきをすると、暑くて汗をかくくらいだ。運動不足の体にはちょうどよかったってことだ。フーッ。雪やこんこの歌を実感した一日である。
posted by ゴブリン at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

消費が低迷するのも無理ないよ

消費低迷といわれて久しいが、きょう武蔵・香林坊に出掛けてみて、なるほどと思った。エムザと大和、二つのデパートを見て、ああ、日本は今こんな状況なのかと思った。まったくワクワクしないのだ。見ていて楽しいという気分にならない。欲しいという気にならない。商品に魅力がないのだろうか?それもある。だがそれだけだろうか?デパートがつまらなく、イオンやサティなどSCが面白いかというと、そうではない。どっちも見飽きた我家の家具のようなのだ。小さなころは大和などデパートといえば、すっごくワクワクドキドキする場所だったのに…大和には思いいれもあったのだが、夢から醒めた気分だ。実際の商品を見るよりも、カタログを眺めているほうが楽しいし、ネットショッピングだってつまらないお店に出向くよりよっぽど楽しい。個人の小さなお店には魅力的なものも多い。今後そういうお店を開拓していかないといけないのかも。街を歩くと空き店舗が目立つ。すぐに撤退していくお店も多い。家の近くにできたイオンもいずれ撤退していくんだろうな。本屋以外の利用はほとんどないのでいいのだが、街がゴーストタウンになるのは嫌だな。跡地には巨大老人ホームなんてどうだろう?デイもグループホームもなんでも入るぞ、あのでかさは。低所得者向けの集合住宅に改造するのも悪くない案じゃないか?イオンの福祉事業みてみたいな。とりあえず今は大きな本屋が入っててありがたい。10年ぐらいはいてほしい。
posted by ゴブリン at 17:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

今年はブログを制する!

週刊ブログテーマ
今回のテーマ:2011年はどんな年?
今年は目標を達成する年にする!まずは毎日ブログを書く!365日、雨の日も風邪の日も、眠くても、書きたくなくても、書くことがなくてもとにかく書く!400〜800字は書く!インチキは許す。2〜3日分まとめて書くとか、ちょっと短めとか…今までのように気分で書いたり書かなかったりするのではなく、習慣として書く。これが今年の目標である。毎日ブログのタイトルは「みょうみょうのナッチョコジャムポンゴブリンポン」http://goburinnpunn.seesaa.net/カテゴリーもきちんと決める。さてさて今年の大晦日365のマイストーリーができているか。できていたら記念に本にしてもいいな、なんてね。
それと、10近くあるブログを週に1回、もしくは月に1回は更新すること!ブログを作りっぱなしにしないということですな。管理者に忘れ去られたブログはかわいそうだからな。誰が読まなくとも、書いた本人は時々読まなきゃね。そして!!他の人のブログを読んでみる。私は自分のブログで手一杯で人のはほとんど読んだことがない。面白ブログを発掘する。マイベストブログ100のリスト作成。これも目標に入れとくか。
posted by ゴブリン at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ばちゃんの元気の素

母の実家に寄り、ばあちゃんの顔を見てきた。元気そうであった。どうやら好奇心というか、よい刺激があったようである。ばあちゃんは出戻り男の孫・のりくん(20代終わりかけ)と二人暮らしである。のりくんは新年の挨拶まわりで、朝から忙しいようである。こののりくんの彼女というのは、実は私の高校時代の友人である。お盆に寄ったとき、似てるな…他人のそら似か…と思ったのだが、(なぜって、若いねえちゃんにしか見えなかったからさ)なんとアラフォーの友人であった。びっくりしたのなんの。去年の7月頃から、仕事の後毎日のようにのりくんの家に来てごはんの用意をしてくれているらしいのだ。足腰弱ってきているばあちゃんはただもうありがたい思いでいっぱいのようだ。誰なんだろう?どこの子なんだろう?と気になりつつも聞けずにいたそうだ。今日家に上がると、さっそくばあちゃんが「あんたの同級生ながやってね!?」「そんなら昭和46年生まれやぜ!?」「干支はばあちゃんといっしょで猪や言うもんやさかい、計算したがや」と興奮気味に言うのである。年末に友人の経営する美容院で毛染めをしてもらったらしく、その店がけっこう大きいことや、かなりしっかり仕事をしていることにも驚いたようである。お盆頃あまり元気がなく、心配していたのだが、今日のばあちゃんは、すっかり昔に戻ったかのように元気でちゃきちゃきしていた。なんか複雑な気分ではあるが、人はなんらかの刺激があったほうが、体や脳が活性化するんだなあと感心もした。愛の力は大きいねぇ。のりくんのばあちゃんとしての役得である。愛の行方(こんなタイトルの小説があったな)はどうなるのやら…ばあちゃんは、「あんなたいそうな人とつきおうとったんやねぇ」と感心しきりであるが。のりくんは髪結いの亭主となるのか?興味しんしん!!
posted by ゴブリン at 22:21| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。