2010年11月28日

定年退職っていい制度じゃないか

4年ほど前『毎日が発見』という雑誌を1年間講読していた。50代以降の人を対象にした雑誌なのだが、そのころちょうど老人ホームに勤めはじめたばかりだったので、なにか役に立つことがのっているかもしれないと思い購入したのだ。仕事に直接役立つようなことは書いてなく(老人ホームの入居者は80〜90代の人が多く、重度の人も多かったので)30代半ばの私には退屈な内容だったので1年でやめた。団塊世代向けのステレオタイプの内容にも思えた。教養雑誌っぽいのもいやだった。今日久しぶりに1冊手にとってみると、巻頭インタビューに数学者の森毅さんがのっていて、読んでみると面白かった。私は森さんの本を2冊ほど読んだことがあり、考え方に共感があった。努力は報われる、あるいは報われるべきみたいな風潮は今もってあり、森さんはこういった風潮というか考え方に異論を投じていた。なんぼ一生懸命やってもダメなもんはダメ。それが世の中や。努力したからその点は認めてくれいうのは甘えや勘違いや、と言うのだ。締め切りに間に合った拙いレポートと締め切りに間に合わなかったすばらしいレポートがあれば、そんなんズルイといおうがなんだろうが、すばらしいレポートが評価されるんや、とのこと。そのことがわかってないと、自分は損している、他人は要領よくうまいことやっているというふうに、ひがんで人や社会に対し逆恨みをしてよーない。ということだ。そんな森さんがこんなことを言っている。「定年もわりあい悪くない制度や。ずっとひとつのとこに居続けるいうのはあんまりいいことではないし、かといって自分から辞めると決めるのもしんどい。定年で追い出される前に自分から辞める人もおるけど見てるとけっこうキツそうや。新しい世界でなんかせんといかんという気負いが見えて。それより制度を利用して気軽に辞めたらええんとちゃうかなあ。」賛成です。私は今の風潮“60代は老人ではない。年齢で仕事が制限されるのはいかん。まだまだ活躍の場がある。”というのが欺瞞に思えてしょうがなく、いや〜なのだ。いつまで働くかは本人の自由だが、60歳を過ぎて再雇用で働いている人はみんな、まだ働けるからとか、社会の役に立ちたいとか言ってるのを聞くとうんざりくる。歳をとっても働かなくてはならない人には格好の言い訳ではあろうが、本気でそんなことを思っている人には勇退ということを知ってもらいたい。世の中見本には事欠かない。私は仕事に対して恩着せがましいところがあるので、あんたのかわりなんていくらでもいるよ、と自分に言い聞かせている。
posted by ゴブリン at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

慣れるより逃げろだ…

うんざりしている。新しい職場に異動になって3週間。仕事に嫌気がさすのは毎度のことである。うんざりしていて反吐がでそうなくせに、慣れてきたのかあまり苦痛を感じない。連日の居残りもお馴染みとなり、スーパーで半額のお惣菜を買って食べるのもお馴染みだ。2〜3年限定とハナッから決めてはいるのだが、自分の順応の速さにあきれ、ほんとうにうんざりくる。そしていつもの悪い癖なのだが、すこ〜しばかり仕事に慣れてくると他人のアラが目についてしょうがないのだ。指導男がエラそうに講釈をタレてただけに余計にムカつく。まだ右も左もわからない頃は、すべてに細かいルールがあり、整然としているように思えたが、3週間経った今では綻びが目についてしょうがない。そしてなんだか妙な優越感を感じている。最初の恫喝とのギャップが大きすぎるせいだろうと思う。最初が肝心、それはその通りだろう。だが、ハッタリが通用するのは1回勝負だけだ。仕事は継続なのでハッタリをかませばかますほどボロがでてきて、かまされているほうは冷笑が漏れるだけなのだ。2年ほどの間どうやって過ごそうか…今日すごく嫌なことに気付いてしまい気分がくら〜くなった。私は今の職場に異動になってから(ユニット型の特養から従来型の特養に異動となった)施設内の臭いに毎日顔をしかめていた。糞尿や嘔吐物、その他何かわからないが換気というものを全くといっていいほどしないため、とにかく臭いのだ。だが今日は全く気にならなかった。とうとう慣れたということだ。はい、今日から私も仲間入り。2年もすれば指導女の出来上がりというわけだ。慄然とする………  ………  ………
posted by ゴブリン at 21:56| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

異動先は北朝鮮だった…

昨日も一日北朝鮮へ行ってまいりました。フーッ。なんか勤務日記になってしまいそうだこのブログ。休憩時間同じ職場から異動になった人がいたので嬉しくって、隣に座って「疲れたね〜」とか話しかけたら、メモ紙に『後の二人要注意』と書いて渡された。ここでしゃべったことは皆部長に密告られるんだろうな…そして粛清されるのだろう。12畳ほどの部屋に長机が並んでいて皆同じ方を向いて食べているのだが、誰もが無言で、通夜でもこんな重ッ苦しい雰囲気にはならないだろうと思う。鈍さでは人様に引けを取らないこの私でも昨日今日と食欲がない。食べ終わったら正面を向いたままお茶など飲んで出て行くのであるが、他に居場所もなく仕事場に戻って業務に入るだけである。昨日部長に注意された髪型はワックスをつけてなでつけたら「それでいいのよ。昨日のがおかしいってわかったでしょ」となんとOKがでてしまった。だが受け答えがなってなかったんだな。「短く切るつもりです」「昨日は自分なりに整えたつもりではあったんですが…」と答えたら即指導男に呼ばれてヤキを入れられた。「今のなんや?部長がいいって言っとるんならそれでいいんや。切るとかそんなことは言わんでいい」「自分なりにってなんやそれ?あんたが言うことは「はい。以後気をつけます」それだけや」この男朝一に私の髪を見て「う〜ん。なんていうか、あ〜、どうかな。部長がなんて言うかな。俺的にはいいかもしれんけど…」部長の意向がわからないのでやけに歯切れが悪いのだ。他のことも同様である。指示が明確であればいいのだが、ほんの少しでも不正確さがあると途端に鈍る。ここではいろんな業務について恐ろしいほど詳細にルールが決められている。だがそれでいいのだと思う。細かい膨大なルールは一から覚える者にとってはそうとうな負担であるが、全てを把握した者にとってはライン製造のようなもので、余計なことを考えなくてよい。この点に関してはルールが無きに等しい前の職場(ユニット型特養)よりはよっぽどよい。ある程度のルールを決め、あとは各自の裁量でというのは高度なレベルである。単なる無法地帯と化しているのが前の職場であった。ここではハードルはかなり低めに設定してあるが、その分なにがなんでもそのハードルまでは行ってもらうというかんじだ。1〜2ヶ月経ってもそのハードルに届かないものは粛清だ。
posted by ゴブリン at 08:13| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

異動の季節。その2

老人ホームに勤務しているみょうみょうです。法人内の異動のため今日から新しい職場での仕事が始まりました。疲れる一日になるだろうな〜と覚悟はしていましたが、聞いてビックリ!見てビックリ!ほんっとに激疲れで、そして面白かったです。私は初出勤ということで、少しはいつもより身だしなみに気を使い髪型を整えて行ったのです。しかし看護部長からは「それ癖毛?なんとかしなさい。清潔が一番だからね」と言われてしまった。そして指導担当の男(たぶん30代前半)からは、「部長に注意されてたけどその頭どうするつもり?」と聞かれたので「なんとかします」と答えたら、その男いきなり激怒した。「なんとかしますじゃなくてなんとかするだろ!!?」「あんたいったいいくつ?」40だと答えたら「あんた、その歳になって髪型をどうこう言われるってこと自体恥ずかしくないのか?ありえんよ」ときた。びっくりした〜〜しかしおかしかった。なんとかしますとなんとかするの違いがわからない私はここで生きていけないかも〜。その後介護長にきちんと挨拶をしていないと言って同じように激怒された。入浴準備などを教わったが、この指導男必ず言うのだ。「一回しか言わんよ。今後同じ事を絶対聞いてくるな」……いや〜久しぶり。10年ぶりだな。10年前保育士資格を取得して初めて乳幼児施設に就職した頃を思い出すなあ。久々に頭ちょこっと使ったってかんじだ。いったい今まで何してたんだ?ってかんじですね。へへっ、そうなんだ。よくぞ呆けなかったっていうくらい前の施設じゃボーっとしてたのさ。へへへっ。指導男にはビックリしたり腹が立ったりもしたが、しかし自分が同じ立場だったらこの男の30倍はキレてるかも、とも思った。なぜって、これだけ厳しく指導したらさぞ精鋭ばかりが残って優秀なスタッフ揃いになるだろうと思うが、実際にはそうじゃないからな。看護部長が女帝のように君臨するこの施設においては新人介護職の失敗はもろ指導係の責任ということになるから形相が変わるのもわかる。少し立場が上の職員は看護部長の顔色を伺って仕事をしなければならないわけで、これが世の常とはいえ、気の毒でござるのぉ…さて、私はこれからやっていけるのだろうか?っていうかなにはともあれ頭だ。しかしっ!!今日は月曜でないかっ!!床屋だの美容院だのは休みでないかっ!!ちなみに看護部長は超ベリーベリーショートで超茶髪。(63歳?)短いし清潔は清潔だな。よしっ、ワックスでなでつけてまっすぐにしてみるか。指導男どうでるか?吉とでるか凶とでるか…
posted by ゴブリン at 22:02| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。