2013年02月17日

ひさびさのマクドナルドクルー

久しぶりのマクドナルドクルーである。いつでもだれでも雇ってくれる、自分の好きな時間帯が選べる、いつでもやめられる等々、お手軽に働けるのがよくて選んだ。以前働いていたのは20代後半の1年くらいである。オペレーション(作る係)担当だった。毎日がお気軽気分だったように思う。専門学校に行くまでのつなぎのようなかんじで働いていた。同じ気分でいたら、以前とはちょっと違っていた。最高責任者が変っているので当然かもしれないが、年のせいもあるかもしれない。前回はなんにも感じなかったことが、今回はことごとく引っかかる。マックが変ったことよりも自分の変化のほうが原因としては大きい。しかし、若いというのはお気軽なものだなと、つくづく思う。自分自身がそうであったし、同僚の高校生や大学生、フリーターをみていても感じる。30〜40〜50代の主婦クルーまでがお気軽なのは少し気になるが…
ひとつの店舗に社員は1〜2人のみで、マネジャーもアルバイトである。長年勤務している主婦MGRもいる。マックの社員はバイトあがりが圧倒的に多いが、みな「マック大好き」なかんじがする。マック意外だと何食べてんだろ?ってくらいよく買ってる。社員を含めクルーの商品購入率は高い。クルールームのゴミ箱を片付けているとよくわかる。マックにとってクルーはお客様である。売り上げに占める割合が気になるところだ。3割引は大きいいですよ〜とのことだが、SC内のお店でありながらセットで購入しているのを見るとそれほどお得とも思えないのだが。誰もが何も考えずに与えられたものでほぼ満足を得、目の前の時給10〜20円アップとかのにんじんでがんばってる。このシステムを考えた人は学歴もないセールスマンらしいが、すごい。私はマックで働いていることを3歳の娘にナイショにしている。食べさせたくないというのが大きな理由である。だが、実を言うと恥ずかしいというか、正々堂々と言えない。以前に比べると廃棄量は減ってはいるが、主婦の感覚からすればやはり多い、というか、あまりにも無造作・機械的である。娘になんと説明していいかわからない。「物を大切にする」こと自体バカバカしくなってしまうくらい、無造作に食品を捨てる。ドリンクの量を教えるのに氷を入れて炭酸を注ぐ。そして捨てる。飲むわけにいかないので仕方がないが、困惑する。原価はタダみたいなものだ。ポテトとドリンクは恐ろしく原価が低く、利ざやがすごい。最初の頃に比べ、廃棄されたポテトをみても「もったいない」という感覚が薄れてきた。マックでがんばっている人はいっぱいいて、接客のことやマネジメントのことでは「すごいな」「すばらしいな」と思うことはあるが、どうしてもここで引っかかってしまう。それと、マックの社員はどうやら、労働基準法なるものの存在を知らないようである。
posted by ゴブリン at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

就職できない男子学生とおじさんたちの共通点

内向き志向
自分で決められない
情熱・向上心のなさ
この3つが、就職できない男子学生の共通点だそうだ。
特に「就職できない男子学生」の共通点とも思えないが…
面接では、海外に出たいと力説するが、パスポートは持っていないし、日本中を旅したという経験もない。キャンパスで友達とワイワイやっていただけという学生が多い
ある採用担当官の言葉である。いまの若者に何を期待してるんだろう…おじさんにしてみれば
「自分たちの若い頃はこうではなかった」という思いがあるのだろう。
おじさんたちは、若者の意欲のなさ、覇気のなさの一因は自分たちにあるとは思わないのだろう
いい時代に生まれた自分たちへの愛しさと勘違いで胸がいっぱいのおじさんたちも
内向き志向、自分で決められない、情熱・向上心のなさでは、若者と変らないのに
自分たちが就職できたのは、外向き志向で、自分で決めることができて、情熱や向上心があったからだって、ノー天気に思っているのがおじさんたちである。若者のことなどほうっておいて、自分の老後の心配でもすりゃいいのに
posted by ゴブリン at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これじゃ雇用がふるわないわけだよ

先月末で仕事をやめ今家にいる。子どもは生活をあまり変えないほうがいいだろうと思い、今までどおり8時半までに保育所に連れて行き、夕方5時半頃迎えに行っていた。が、保育所とは「保育に欠ける子ども」を預かるところであるため、園長より、朝は8時半から(しかし給食の都合により9時を過ぎてはいけない)夕方は4時までしか預かれないと言われた。仕方がないので、9時と4時に保育所に行くと、駐車所がすごく混んでてびっくりした。玄関やホールで数人の保護者たち(お母さんたち)がいつもおしゃべりしているのにも驚いた。勤務証明が必要なので「一応」働いてはいると思うのだが、4〜5時間のパートかアルバイトなのだろうか。8時前に子どもを預けにくる(または6時以降に迎えに来る)母親たちとはまったく違ったかんじで、のんびりというか、ヒマそうに見える。どうも大半の親はパートタイマーなどの仕事みたいだ。子どもが小さくて、見てくれるおばあちゃんなどもいなければ、今の保育所の体制では、正規雇用は難しいだろう。でも子どもが小さいうちは時短や非正規で、大きくなったら正規のフルタイムに戻るなんて、今の日本の会社じゃあり得ない。ずーっとパートやるしかないだろう。でもだんながそれなりに稼いでいた右肩上がりの時代ならまだしも、だんなの稼ぎもこころもとないのに妻もパートなんて。年金額の多い親世代の支援があるのだろうか。若いお母さんたちが多いが、彼女たちは10年、20年後どんな仕事をしているのだろう。しかし、4時ってあっというまだな。
posted by ゴブリン at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎暮らしはほんと健康に悪いよ

「田舎暮らしで寿命が縮んだ」
厚労省調査・市区町村別平均寿命によると、男性1位は横浜市青葉区、以下川崎市麻生区、東京三鷹市、国分寺市、練馬区と続き上位は都市圏が独占。長寿といえば、ちょっと前まで長野や沖縄など地方が強かったようだが、男性に関しては都市圏が圧倒している、そうだ。へーーーっ、意外だなと思ったが、理由を知ると、なるほど、確かにそうかもと思った。『50歳を過ぎたら粗食はやめなさい!』などの著者で、東京都健康長寿医療センター研究所の新開氏は、「寿命は経済力と体力が大きく影響する。」と言う。都市圏のサラリーマンは、通勤などで普段から想像以上に体を動かしているうえ、健康に関する知識も豊富で、高齢になっても自分の生活を自分でコントロールできる。一方、田舎で生活していると、買い物や病院などちょっとした用事でも車に頼らなくてはならず運動不足気味になるうえ、自分が運転できなくなるとご近所さんにお願いしなければならず、それがおっくうで、なるべく出歩ずに家にこもって生活するようになる。食事を作るのも面倒で(買いに行くこともできないし)一汁一菜で済ませてしまう。その結果早く衰えてしまう…これ男だけのことじゃないです!女だって同じです!近所の主婦同士がお互いの家を行ったり来たりなんて昔のことです。他人事とは思えない。車に頼らざるを得ない生活の弊害なら十分わかっている。6年前に車通勤に変ると同時に仕事もラクになり、特にこの半年はパソコンの前に座っているか車を運転しているかっていう状態だったので、筋力は落ち、脂肪は増え、体を動かすことのみならず、すべてにおっくうで、心も体も退化していた。幸い駅から近いこともあり、車がなくても生活は可能なので、とにかく体を動かすように心がけている。郊外のショッピングセンターに車で買い物に行く生活を続けていれば体も頭も衰退するのは当然だ。だってどっちも使わないもの。むか〜しなら、田舎に住んでいれば半端なく歩いたんだろうけど、今は年寄りだけじゃなく、子どもも田舎暮らしだと運動不足になるような時代だ。そういえば、田舎の人でも、交通の便がいいところに住んでいる人は足腰と頭両方丈夫かもしれない。最寄の駅まで歩いて1〜2分の場所に家を建てただんなに感謝しなきゃいけないな。
posted by ゴブリン at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

ホイッスルじゃあいけないんですかね

近所のスーパーに行くと、子供用の英語教材の勧誘をしていた。素通りしようとしたが、ディズニーのやつで、ミニーちゃん好きの子どもがその場にへばりついて離れない。仕方なくアンケートに答えたり、話を聞いたりした。「失礼ですが、お母さん英語は?」と聞かれたので、「全然!」と答えると、安心した様子で説明しだした。ある単語を聞かされ、「聞き取れますか?」と言うが、「うっそー」としか聞こえないので、わからないと答えた。営業レディは嬉しそうに、イラストと綴りを見せ「ホイッスルのことなんです」と言う。わかるかそんなもん!と思うがただのひがみなので黙っていた。子どもは英語をシャワーのように聞くことで微妙な母音の違いがわかるようになるそうだ。強引に日本語の母音に当てはめるのはネイティブ英語でないのでいかんらしい。お試しCDとDVDをもらって帰る。子どもがミニーちゃんミニーちゃんとうるさいのでDVDを見せた。10分程度のもので歌がメインだ。ディズニーのキャラクターがいっぱい出てくるので、もっかいもっかいと言いながら40〜50分も同じものを繰り返し見ていた。子どもがDVDを見ていると親はラクである。2時間集中してアニメとかみてくれたらしめたものだなと思った。子どもはさすがにすぐに覚えて「ハロ〜マミ〜」とか言っていた。英ペになって稼いでくれたらありがたいのだが。って勝手なこと言ってますな。英語教材は高いので買う気はありませんが。投資もせずにリターンを期待するとはむしのいいことよのぅ。それにしても、子どもの発音はそれらしくてうまいもんだなと思った。
posted by ゴブリン at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。